1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Ryota Nozaki(Jazztronik)/Life Syncopation
最近ほぼ毎日になりますが、仕事帰りに珈琲を飲みにカフェや喫茶店に入ります。
家に帰ると本を読む時間や何も考えずひたすら音楽を聴く時間等・・・つくれるはずなのに、何かを理由にその僅かな時間さえも作れなくなってしまいます。

恐らく時間の使い方が上手ではないのだろうけど、珈琲を飲みながら一人でホットできる時間を必要としてるなぁ、と思い。先月より「ホット一息時間」を作るようになりました。

よく行くのは日本橋、あとは地元の駅周辺に限られますが。
徐々に行きやすいカフェを開拓していこうと思います。


Ryota Nozaki(Jazztronik)/Life Syncopation(CD)
(アタシ購入金額2600円 新譜CD)

最近本を読みながら良く聴くアルバムなんですが、先月の28日に発売されてまだ日も浅いのですが、既にヘビロテ状態。
以前から音楽雑誌等で自身のピアノアルバムを出したいと言っていた野崎氏。
ピアノ好きな私からしてみたら「早く出しておくれ〜」なんて発売する側のことも考えず、思ってきたもの。

今年は年初めからJazztronik名義のアルバムが2枚続けて発売され、物凄い勢いだな〜なんて思っていたのもつかの間!!
このソロアルバムが発売されました(^_^;)嬉しい限りです♪♪

それにしても、Jazztronikとして発売されてきた打ち込み系の音とは打って変わって、本当にピアノだけのアルバム。クラブミュージック好きな人からしてみたらきっと物足りない音かもしれないし、期待とは腹違いになりそうなんだけれど・・それでも色々な場所でコメントとか見てみると割と好評のよう。

1曲目のタイトル曲でもある「Life Syncopation」はもちろんピアノオンリーなのですが、タッチの仕方・曲調からしてみてのどこかJazztronikを垣間見ることのできる音程ではないかと。
もうこの曲からしても鳥肌ものなんですが・・、次の「Timeless」も泣けてしまうほどの切なメロディ。

リラクゼーションアルバムとしてうたっていますが、本を読んでいてここまで邪魔にならない音楽を私は今まで聴いてこなかった。
思わず聴いていることすら忘れてしまうような感覚に陥ることが出来る音楽の再発見でした。


(500円以上ツモリ貯金)
3日・・・710円
4日・・・600円