1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
AFRO BLUES QUINTET/NEXT ALBUM
またレコード屋ですね!
新入荷コーナーチェックして、コーヒー飲んで、雑誌読んで、しゃべって。
2時間くらいこんな具合です。


AFRO BLUES QUINTET/NEXT ALBUM(LP)

(アタシ購入金額2600円中古LP)

これは完全にジャケ買いです。
このカラフルな色使い、そしてほっぺにハート。
キュートジャケですね!!!


以前ここにも1枚載せたのですが、LAを中心に活動するラテンジャズのインストグループ、AFRO BLUES QUINTETの68年作品です。

このグループはカヴァーばかりしているのですが、それもご愛嬌。
カヴァー大好き人としては嬉しい限りです。


このアルバムで大好きな曲、「I Say a Little Prayer」(邦題は小さな願い)が入っています。原曲の基本を崩さずにカヴァーされ、少しの哀愁感を漂わせながらもしっとりしすぎず、なんだか癖になる。

EDDIE CANO&HIS QUINTET/BROUGHT BACK LIVE FROM PJ'S
もう春だな〜なんて思ったので、テンプレートを変更してみました♪

ブロート・バック・ライヴ・フロム・P.J.’S
EDDIE CANO&HIS QUINTET/BROUGHT BACK LIVE FROM PJ'S(CD)

(アタシ購入金額1200円くらい?中古LP)

ラテンジャズピアニスト、EDDIE CANO(エディ・カノ)67年録音のLiveアルバム。
「LA BAMBA」、モッズ名曲「LOUIE LOUIE」等のカヴァー数曲を含むピアノトリオにフランク・グティエレス(percussion)やマックス・ガルドゥーノ(congas)を含んだ編成で、グルーヴ感溢れる演奏になってます。

「I CAN'T CRY ANYMORE」は須永氏や小林径氏のミックスにも収録されているらしく(聞いてない。。)、そちら方面が好きな方に好まれそうな感じです。
疾走感溢れるピアノとパーカッションの聴きごたえ抜群。

このアルバム、本当全曲良くって。
力強いピアノの音色の虜になりそう。。。

ラテン色強しな曲から哀愁感を感じ取れる曲までを楽しめるアルバム。