1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Mayer Hawthorne/A Strange Arrangement
Mayer Hawthorne/A Strange Arrangement(CD)
(アタシ購入金額2299円新譜LP)

以前12インチで『Maybe So Maybe No』が発売されていました。
周りの人達と話題になった事もあってとっても好評な様子。


私も、「そんなにいいんだー。へー。じゃあ、買わなきゃ。」

流されて買おうと思ったのが6月くらい。
流された事もスッカリ忘れた、先月。
知り合いのレコード屋の店主にいい新譜があるよ!って、勧められて♪
一番安く売っていると言われた(笑)、渋谷のGuinness Recordsで購入!


聴いてみたら、あの時のアレではないですか!!!(思い出した。。)


結局12インチは購入してませんが、こちらのファーストアルバムを購入しました。

内容は、ソウルなんだけど黒いソウルではなくてスウィートソウルのような感じ。
黒い音ばかり最近は聴いていたので、とっても新鮮に聴こえました!

お気に入りは、12インチで発売されていた「Maybe So Maybe No」だけど、ポップな感じが良かった「llls」もお気に入り♪
あと、ハート型の7インチで発売されていた、『Just Ain't Gonna Work Out』も綺麗なスウィートソウルで好きです♪


声は結構高くて、歌い方が少し気だるい感じが印象的なシンガーで、
声の感じから抜群に合うと思ったものが、切ない感じのソウル。
久しぶりにこういう音を聴いていいな〜と思いました。


アルバムのジャケットも少し凝っていて、ウロコ柄のようになってました。


Maybe So, Maybe No

Just Ain't Gonna Work Out


Tuomo/My Thing
マイ・シング
Tuomo/My Thing(CD)
(アタシ購入金額2415円新譜CD)

昨年発売されたフィンランド出身、Tuomo(トゥオモ)のデビューアルバム。



昨年末にライブに行ってからずっとお気に入り。
曲調はソウル系をルーツに持ってるんでしょうけど、割とポップスの要素も強いと思うんです。元々ピアニストとしても活動している方だったらしいのですが、声がとても魅力的な人です。
声質は黒くなくて、透明感があるライトな声でとても綺麗な声、しかも甘い声をしてる...ので女の子もとっても好きそう。


このアルバム、本当にいい曲ばかりで好きな曲だらけなんです。
クラブ受けするだろう「Don't Take It Too Hard」を筆頭に、この曲のメロディは最高だと思う「So Surreal」に、ファンキーな歌い方とベースラインが非常にカッコいい「Sorry When I'm Gone」などなど。

....というか本当に全曲好きかもしれない.... むしろTuomoが好きかもしれない(笑)

セカンド早く出て、また来日してほしいな☆


《ライブ動画-My Thing》
Malone & Barnes & Spontaneous Simplicity/Free...
Freedom Serenade
Malone & Barnes & Spontaneous Simplicity/Free...(CD)
(アタシ購入金額1900円位新譜LP Reissue)

76年に数百枚単位でのみプレスされたレアものの再発盤。
ジャケットも中の曲と合っているし、くすんだ赤茶加減がお気に入り♪

内容は男臭くて土臭い印象が強いんですけど、メロウなゆっくりソウル〜ファンキー、スピリチュアルな、非常にカッコいい曲たち。
『Moonstruck』の音のうねりがかなり好き。男の中の男?の様なとっても男臭い、正にスピリチュアルファンクといった感じ。

こないだのイベントでもかけたんですけど、『Freedom Serenade』は『Moonstruck』とは打って変わってとっても綺麗な曲なんですよね。
曇り空が一気に晴れて行く様な、割と爽やかな曲。

あと好みなのは『Up 'N Comin』、これも男臭いんですけど..笑
ファンキーなソウルみたいなちょっと速いテンポがより一層高揚させてくれます。

ジャケ、内容共にとても好きなアルバムです♪
Bobby Hebb/Sunny
今月にまた家の母親が韓流スターを追いかけて、今度はソウルに行くそう。

ファンミーティングがどうだとか何だとか。。
張り切って韓国語を勉強しているらしく、

『アナタニアエテ、トテモウレシイデス』
って言うの♪・・・と言っています。

ちなみに50代突入。
知らぬ間に『コラーゲン』のサプリを飲んでいるらしく、会うときまでに20代の頃に若返ると張り切っております。。。

また韓流スターグッズをゴッソリ買ってくるかと思うと、ゲッソリです。
Sunny
Bobby Hebb/Sunny(CD)
(アタシ購入金額2520円中古LP)

66年全米第2位のヒットナンバー、『SUNNY』収録のBobby Hebb(ボビー・ヘブ)のアルバム。
SUNNYは色々カヴァーがありますが、やっぱり原曲聴いておかなきゃね!


Jerry Ross(ジェリー・ロス)がプロデュースを手がけ、Bobby Hebb 自身が書いた曲です。
歌詞は曲の感動とは裏腹によくある歌詞で、「ねえサニー、太陽のような輝きをくれてありがとう」とか「サニー、本当に愛しているよ」みたいな感じでありきたりなので、それほど歌詞にのめり込んだわけではないんですが。


恐らく、心ありきな甘い歌い方が好きなんだと思います。
何十回聴いても飽きのこない良い曲です。


このアルバム「SUNNY」だけが良く取り上げられてますが、その他も結構良い曲入っているんですね。
ソウル系としてはあまり...と言った所なんですが、BOBBY.Hは以外に可愛い曲歌ってます。「Love Love Love」とかまさにそうで、手拍子入り、女性コーラス入りのポップな曲。恐らく女の子は好きじゃないかな〜。

「Where Are You」も甘い雰囲気たっぷりで、若干哀愁漂う曲ですがその場をスウィートなムードに変えてくれそう。

このアルバムですが、レコードで会う機会もなくお世話になっているレコード屋の店主が取っておいてくれました♪♪というか、BOBBY.H以外のカヴァーも色々探して頂き、一気にSUNNY尽くしになりました。


その他に至ってはユニオンの店員まで巻き込んで、行くと「SUNNYカバー入ってますよ」「バーバラムーアのSUNNY見つかりましたか」なんて言われて、最近やっと落ち着きを取り戻し、その方と目が合うと気まずいのですが。。まあ、まあ、いいよね。

うん、まあ、SUNNYカヴァー入っていれば大抵購入します。
The Salsoul Orchestra/Christmas Jollies
クリスマスイヴですね!
クリスマスは出かける前のウキウキする感覚が特別な感じで味わえる、そんな日。

今年のクリスマスも出かける前にクリスマスソングをかけながら、メイク・ネイルなんてしてて一人十分楽しんでました♪女子ならではの楽しみ方だよねー☆

その時かけてた1枚↓
Christmas Jollies
The Salsoul Orchestra/Christmas Jollies(CD)

(アタシ購入金額 450円中古LP)

去年買ったレコードなんですけど、1年ぶりくらいに聴いて・・・懐かしさも少々入りつつ聴けるチープなアルバム。

元M.F.S.B.のメンバーを中心にNYで結成されたオーケストラ、Salsoul Orchestraの1976年発売クリスマスアルバム。

一度は誰もが耳にした事があるだろう、定番クリスマス曲をカヴァー。
なんといっても、このアルバムで一番好きな曲が「SLEIGH RIDE」。
小刻みなテンポにベルの音がとっても可愛い。それに綺麗な女性コーラスも加わればそりゃ、完璧なクリスマスソング!
女の子受けしそうです(^^)♪

落ち着いた、しっとりとしたクリスマスソング「SILENT NIGHT」もいい。

それにしても、クリスマスはあっという間でした・・・
Marvin Gaye/I Want You
今日もまた会社近くのレコ屋に寄って、新入荷コーナーチェック。

新入荷をチェックしたものの、前から気になっていたものとお撮り置き分数枚を購入。
今日は安上がりだ!
なんか、すでに今月レコードを買いすぎです。。。

I Want You
Marvin Gaye/I Want You

MARVIN GAYE(マーヴィン・ゲイ)76年作品の傑作アルバム。
個人的にこのジャケットにイチコロでした。
Ernie Barnes(アーニー・バーンズ)の描く独特の立体感と人の動きを捉えるこのジャケに目を惹かれない分けがありません。
眺めているだけでも幸せ・・・???


内容ともども最高なもので、手元に置いてられるだけで嬉しくてたまらないもの・・。
大人の為の大人な時間、まさにセクシーミュージック!!
恋人と共にこの音楽をバックにソファーに座り、お酒を手に楽しむであろうと言う夢を抱かせてくれた音楽でもあります。(いつの話か・・・)

今は亡きマーヴィン・ゲイの艶やかヴォイスには右に出るものなしといったほどの特徴的なもので魅了しつづけているアーティストです。
Al Green/Your Heart's in Good Hands
この日は会社の同僚が今日が最後だったので会社近くの話食家森のしずくで送別会。

毎日会っていたのにこれから会社で顔を合わせなくなるかと思うと、物凄く寂しい気がしましたァ。。


で、今日の飲み会はまた体調が悪いからアルコールははじめのカクテル1杯で終わり。
その後はずっとウーロン茶にしたんだけど、気を使ったにも関わらず体調が悪い!どーゆー事だよ(+_+)

みなさんも体にはお気をつけて...

帰りも、頭が物凄くガンガンしててとっても憂鬱。

自転車に乗っててなんだか今日はソウルだ。そんな風にふと思ったらすんごくソウルが聴きたくなった。

Your Heart's in Good Hands
Al Green/Your Heart's in Good Hands

このCDはいつも行くレコード屋に来ている常連さんに貰ったもの。
70年代ソウル界の貴公子ことアル・グリーンのアルバム。

少年時代にゴスペルグループを兄としていた為か、とても人情深い温かみがある。こういう音楽は酔っ払っている時に、無性にベストな感覚で体に入り込む気がします。
しかも、歌い方...声がとっても繊細だからもっともっと聴きたいという行動にかられてしまって、結局頭痛いのにまた朝方まで起きてるってゆーいつも通りの時間帯に。


アル・グリーンは「CALL ME」というアルバムも貰ったんだけど、こちらも続けて聴いてしまいました。

いつもジャズやブラジル音楽が中心なので、たまには違ったものを聴いてみるのもいいな・・・


音楽blogランキングを見てみる