1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Arts The Beatdoctor/Transitions
まだ”とんかつ”(前題)ですか。
いつも”とんかつ”ですね。
もういいです”とんかつ”。
あ、”とんかつ”みてない。

色々言われてやっと更新。。。

トランジションズ
Arts The Beatdoctor/Transitions(CD)
(アタシ購入金額2680円 新譜2LP)

オランダ発、Arts The Beatdoctor(アーツ・ザ・ビートドクター)の2006年発売のデビューアルバム。

ヒップホップはあんまり普段聴く方ではないんだけど、興味はあっていつも手探り。
大体お店で視聴して気に入るか、ネットで視聴して気に入るか、カヴァーネタで購入するか、mix聴いて気になる物は購入するか、ジャケット気になって購入するか、おかしくなってると見た事あるつづりだね...ああ購入。。。泣


このアルバムは『The Anthem』という曲を視聴して、あまりの格好良さに即レジへ。
アグレッシヴな曲だけど、強すぎない、そしてしっかりジャズの要素も入ってる。
ワンフレーズをずっとループしてるピアノの音が、今まであまり聴いた事がなかった音の組み合わせで、この洒落てる具合がヨーロッパ。
洒落てる具合の音をバックに、ラップは息を荒げてのラップです。
そこがなんとも絶妙でカッコいい。

他の曲もまあまあカッコいいのもあるんですけど、この曲だけ飛び抜けてるんですね。
まだ聴いてない方は12インチでも出てたので是非(笑)
Artful Time Reduction/channel two
評価:
Channel Two
Unknown Label
¥ 2,768
(2006-12-04)
(アタシ購入金額1580円新譜LP)

最近ipodに(やっと)入れまして、mixiで『確かに聴いてる。』とかチェックされると物凄く恥ずかしい事に気付きました。
mixiのアレ、ミュージックという所を最近見つけまして、自分がPCで聴いてる音楽が自動的にmixiに更新されるというアレ。面白くて面白くて、1曲聴くごとに『更新されてる〜』と無駄に喜んでて。それで最近、非常に寝不足になってた(バカ!)んですが、それもちょっと落ち着いて考えると・・・。


今日聴いてたね、だからこの音源ブログでアップしたんだね。なんてバレますね。
うわー、恥ずかしい。。。

で、こちらも今日久々に聴きました。
昨年CD(13曲入り)で発売されてますが、アナログでも「UNIVERSAL KING」(Inst)を含む6曲入りで発売されています。
channel twoはBlack Eyed Peasの創立メンバーでもあるTerence YoshiakiとAndereas Bingelのユニットらしいのですが、Black Eyed Peasと言えば以前sergio mendesの『timeless』というアルバムで少々齧ったくらいで、陽気なラッパーくらいの知識しかないので詳しい人とかには申し訳ない感じです。


曲はヒップホップベースですけど、今でいうJazzyHiphopなんて枠に入るであろう曲調でラップが苦手な(ワタシ)人とかでも大丈夫だと思います。
視聴して気に入ったのが、「JAZZ MOVE」という曲なんですが、あのPHAROAH SANDERS(ファラオ・サンダース)「You've Gotta Have Freedom」ネタです。
この曲のカヴァー(orネタ)って大体好きなものが多いので大体購入してるんですけど、こちらのchannel twoもピアノをリードにしたインストもので流暢なピアノ使いとか鍵盤ものが好きな人なんてど真ん中な感じ。

あとはラップメインな曲ですけど、「BRINGA」もバックがキャッチャーなので好みです。欲を言えば、この曲の(inst)も欲しかったな。
Kero One/Windmills of the Soul
そういえば、最近週3くらいレコード屋に通ってるもののあまりレコード自体は購入してないな〜なんて思ってたら.......


IDEEでsound booth購入してました。アレ?

Windmills of the Soul
Kero One/Windmills of the Soul(CD)
(アタシ購入金額1800円くらい中古2LP)

ヒップホップとかあんまり分かっておらず、何かのつながりでたどり着き、購入することは結構あるんですが。ラップは苦手でしてどうしても生音メインなものを選びがちなんです。


そんな中でもkero one(ケロ・ワン)のラップなら聴ける、というか好きで出れば購入しています。

西海岸アンダーグラウンド・ヒップホップ、米在住韓国人kero oneのデビューアルバム。
アナログでもシングルカットされてますけど、「In All The Wrong Places」や「keep It Alive!」が特に好きなんですが、「In All The Wrong Places」に至ってはCommon/Ressurectionと同ネタのAhmad Jamal/Dolphine danceを使った曲になっており、ピアノのイントロからしてジャジーなナンバー。


アルバム全体もジャジーヒップホップというカテゴリーに入ると思うので、その辺を聴いている方なら気に入ると思います。


そんな訳で、ヒップホップは東よりも西の物の方が好みのものが多いかな♪
Cradle/Attitude
評価:
Cradle,D・A・I,Dizzy,Fresh Air with Alexx Daye
MEDIA FACTORY
¥ 2,940
(2006-06-07)
Amazonランキング: 18714位
(アタシ購入金額1500円 新譜EP2)

実は去年に発売されていたものなんですが、何となく購入には至らずスルーしていました。
が。今回遅れながらも購入。
購入したのはアナログで、「Attitude」よりヴァイナルカットされた弟2弾もの。
なので収録されているのはCDの中で言うと3曲のみ。B面にはそれらのインストが収録されているものになります。

収録曲
1、Remember? Breezy remix feat. Dizzy of Ugly Duckling
2、Beautiful Thing feat. Legendary K.O.
3、Till The Morning feat. Captions(Formerly Longevity Crew)
....B,INST


発売されるまで全く知らなかったのですが、発売前より話題だったらしく。
このアルバムがファーストアルバムになります。
個人的にはヒップホップでも生音が多く使用されているものなら良く聴いているんですが、これもアコギが緩くかなり心地いいサウンドになっています。

普段聴くのはやっぱりJAZZやBOSSA辺りが大半を占めているのですが、普段聴く楽器の音もこうやって違うビートで音を聴くととても新鮮でいいですね!

Nujabesあたり好きな人ならかなり好みだと思われます。

(500円以上ツモリ貯金501円)
John Forty/Spring E.P
金曜日はまたまた仕事帰りにレコード屋へ。
12日よりオーナーがイギリスへ買い付けに行くので、その見送りとお取り置き分を購入しに行ってきました。

その後は・・・最近、毎日パソコンの前にいるせいか眼が痛くなってきていたので少々レコード屋に立ち寄ってから眼科へ!!
視力が落ちてるのと、角膜に傷がついていた・・・撃沈。
この日から毎日めがねです。。。


しかも眼鏡、かなり前に購入したものなので全然合っていない!
眼鏡とコンタクト、またまた痛い出費。


John Forty/Spring E.P(LP)

(アタシ購入金額1580円新譜12’)

これね、発売当初渋谷のDMRにて買おうと思っていったら既に完売。
その後、ネットショップを渡り歩きいつも利用しているZoooooにあったのを確認するも、購入時には既に完売。

もうだめなのか・・・と思っていたら、Zoooooで2度目の入荷を確認!即購入!
やっと手にはいったのでした。疲れた。

新進トラックメイカーによる歌謡曲をピアノをメインにアレンジしたもので、ピアノ好きな私にとっては嬉しい1曲。
まさに「春」「桜」等を想起させるメロディーナンバー。ジャジー・ブレイクビーツとうたってます。

B面にはもういくつものカヴァーが名曲となっている「You've gotta have freedom」のアレンジ等を収録!あー素敵。
たぶん、DJの人なんかこれ絶対買っているんだろうなー。2枚買い!とかしている人も沢山いるんだろうなー的なDJライクな1枚。

Surreal & The Sound Providers/True Indeed
実は私、料理教室へ行ってきました♪
といっても、無料体験でまだ通うかは検討中なんですけど。

ずっとパンを作ってみたかった。
家で中々パンは作れないし、捏ねたり叩いたりして作ってみたかった。

丁度乗り換え駅の日本橋駅ビルにスタジオが出来たので、この際・・なんて無料体験申し込んでみました。友達と。
後程、作ったパンの写真載せます☆

True Indeed
Surreal & The Sound Providers/True Indeed(CD)

(アタシ購入金額 2000円新譜LP)

CDは昨年10月発売、LPは昨年11月発売。
私のJAZZY HIPHOP好きの発端になったSOUND PROVIDERSがSurrealを迎えてのアルバムが発売されました。

音は正にSOUND PROVIDERSの音でした。
ジャジーでクール、ピアノリフありは今までの作品に劣ることない楽曲。
違うものと言えば、今回共同名義で迎えているSurrealのラップ。

大体、ラップというもの自体あまり好きではないのだけれど。
こういった楽曲を邪魔しない程度・・というよりも楽曲をより良くしてくれるラップは大歓迎。

ノリノリのヒップホップ好きには物足りないかもしれないけれど、Pete RockやNujabes、Substantial辺りが好きなのであれば間違いなしな作品。
The Pharcyde/Runnin'
さてさて、30日はパソコンユーザーは待ちこがれた日ではないでしょうか?

私は待ちすぎて待ちすぎて、ここ数日Vistaのことしか頭にありませんでした。。
とりあえず、発売初日はビックカメラ有楽町店に友人と仕事帰り下見を(^^)

私の欲しい型はまだ発売されていないようで、まだ購入は先になりますけどね!
とりあえず、Vistaが安定してから・・3月か4月に購入しようかと思っております。


あー、快適なパソコンライフが楽しみ〜♪♪♪



The Pharcyde/Runnin'(CD)

(アタシ購入金額 1000円新譜LP)

こないだもPharcyde「Labcabincalifornia」を書いたけど、その中の4曲目に入っていた「RUNNIN'」のシングル12’オリジナル・ピクチャースリーヴ再発盤を購入。

90年代に多くのヒップホップクラシックスを放ってきた彼らですが、この曲はルイス・ボンファによるギターループがなんとも優美。

天才プロデューサーのJay Deeが有名になった曲でもあります。

メロウなサウンドと決して張ることのないラップは、ヒップホップにあまり詳しくない私でも十分魅了される曲です。
The Pharcyde/Labcabincalifornia
今日は滅多に見ないテレビでウエンツ瑛士が写ってたんだけど、やっぱ可愛いな〜。

またファン復活です。
因みに、ケイン・コスギや平井堅も好きです。
あと、チョコレートとワインと・・チョコレートが好きです。(不安定)

Labcabincalifornia
The Pharcyde/Labcabincalifornia(CD)

(アタシ購入金額 1500円位?新譜CD)

とってもミーハーは私はヒップホップも聴きます。
というか、結構聴いてます。(良く分からないまま)

レコードなんかは視聴して気に入れば購入したり(良く分からないまま)とか、CDも視聴したりして(良く分からないまま)購入することが多いんですが、ジャジーな内容ならヒップでもホップでもいい(良く分からないから)。

こちらのCDもそんな感じで購入しました。
4曲目の「Runnin'」5曲目「She Said」9曲目「Drop」あたりは結構好きですね。
ヒップホップクラシックとかジャジーヒップホップが好きな人には気に入ると思います。

そして実は、隠れてスクラッチの音とか好きだったりします。
nujabes/Modal Soul
最近Liveを見たいアーティストが多すぎます。
聴く音楽の幅が異様に広がったってのもあるんだけど、本当にこれじゃあ何年経ってもお金なんて絶対たまらないと思う。

貯まっても、使う事前提で貯めてるもんなぁ。。

1日30時間位あって、1週間9日とかあればバイトするのに(T_T)。。。

Modal Soul
nujabes/Modal Soul

このアルバム、去年かな・・・買おう買おうと思っていたら、いきなり廃盤になってしまって。
本当に泣きそうになって途方にくれる事数ヶ月。
再度発売されました。

nujabesは本当に大好きなので部屋でも良くかけているんですけど、このアルバムが1番好きです。
参加しているアーティストも好きな人達ばかりで、Shing02やPase Rock、Substantial等が参加しています。
何より、ロングセラーものなので説明とか細かい事はあたしなんかより詳しい人は沢山沢山いるんだと思うんですけどね(^_^;)

nujabesはjazzy hiphopだとかアンダーグラウンド、クラブジャズなんて枠組みをされていて割と色んな言い方をされているけれど、なんとなく言いたい事は分かる。・・・気がする。

楽器の音を壮大に表現し、ジャズ・ヒップホップ・ラウンジ等と様々な要素を取り入れて演奏されていて、とても聴き応えがある。

ちょっと切ないメロディーで哀愁感を与えてくれる音がnujabesなのです。

音楽blogランキングを見てみる

A.Y.B.force/lost breaks
木曜日は一体何をしていたんだろう。。
うーん。思い出せない・・・

たぶん、どこも寄らずに帰ったんだと思う。

ロスト・ブレイクス
A.Y.B.force/lost breaks


こないだのお友達のDJに影響されてか、ヒップホップものを好んで聴いてたりします。

発売されたのは今年の1月とかなんだけど、タワレコでオススメものとして置いてあったりしてました!

曲を聴くと、あたしの好きなピアノの音色が綺麗に出ている。
ほとんどがインストで、ピップホップと言ってもアンダーグラウンドな感じでとても聴きやすいです。

A.Y.B.forceのルーツは京都の今はなきレコード屋から始まり、そこから色んな人が集まり1つの集団的なものになったのがきっかけだそう。

2001年に、自主レーベルAssing NoteよりDJ Lark&Funk Messengers名義でシングルをリリース。
その後はアブノーマル・イェロー・バンドに改名し数枚EPをリリース。
A.Y.B.forceに改名してからは、今回のアルバムに先駆けて12インチを先行リリース。

アルバムとしては、このアルバムがファーストアルバムになります。

このアルバムは、それぞれの曲がほどんど違うメンバーによって制作されているというもので、一貫性はあるんだけれども個々の個性が出ているのか、聴けば聴くほど曲ごとに違う味が出てくるのが面白い。

NujabesやSOUND PROVIDERS辺り好きな人ならたぶん気に入ると思います。

音楽blogランキングを見てみる