1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Birgit Lystager/ST

Birgit Lystager/ST(CD)
(アタシ購入金額900円 中古LP)

デンマーク出身のBirgit Lystage(ビアギッテ・ルゥストゥエア)1970年作品。

再発レコードは安くて良く見かけていたんですけど、見る盤程今度でいいかな...と思いながらずっと購入してなかった1枚。
年末のセールで物凄く安かったので購入しました。笑

あまり曲名など見ないで購入したんですけど、私の大好きなBobby Hebbの「SUNNY」が入っていたんです!
年末にも見つけちゃうなんて、サイコ〜♪
とか思いながら、針を落として聴いてみるとデンマーク語でのカヴァー!
しかも他の曲は可愛らしく歌ってるんですけど、「SUNNY」は結構気だるい感じで歌っているんです♪
物凄く気に入ってます。笑

あとは「Tristeza」が子供と一緒に歌っているのがとっても可愛らしいんですね。
収録曲は、既に巷でカヴァーされている曲が多いですけど、デンマーク語で歌っているので歌い方を聴いているだけでも結構面白いと思いました。

あとジャケットも可愛いですよね♪


ちなみに、再発盤ですが7インチも出てて、このLPから「「Vores eget lille sted」(Pretty World)」と「Christina(Tristeza)」が入っているものもあります。


(アタシ購入金額1470円新譜7インチ)

こちらもジャケット可愛いですよね♪
Quarteto Em Cy/Quarteto Em Cy
そういえば、今までDTRに通う上での宿敵(いつも私が狙っているものを先に買って行くから)だと思っていた青木さん。
以外にいい人でして、オススメ盤を教えてくれました。

本当は、敵じゃなかったんだな〜と思ったら、ちょっと安心(笑)
Quarteto Em Cy
Quarteto Em Cy/Quarteto Em Cy(CD)
(アタシ購入金額1680円新譜LP)

ブラジルからのコーラスグループQuarteto Em Cy(クァルテート・エン・シー)の72年作品。
64年のデビュー時からソニアとドリーニャ(UMAS&OUTRAS)がメンバーに加わり、新しくなったQuarteto Em CyのEdu Lobo(エドゥ・ロボ)プロデュースによる1作目のアルバム。

ジャケットが好きで最近やっとLPで購入したんです。
何回も再発されてると聞いたんですが、なんだかあまり出会わなくて...買えて良かった。


何より、『Tudo Que Voce Podia Ser』のカヴァーが最高。
もちろん他の曲でも彼女達のコーラスはいいのだけど、この曲だけは格別。
JazzyHiphop系のアーティストもサンプリングしている曲できっと聴いた事あると思うんだけど、このコーラスは素敵だよね。Milton Nascimento(ミルトン・ナシメント)のものもいいけど、個人的にはこっちが好きかな。

姉妹だからかな、声の質が似てるのもあるし、技術も相当高いと思うんだけど、とっても繊細なコーラスを歌うグループです。


ボッサ系のアーティストだけど、結構ポップでボサノヴァじゃ物足りない(?)人にもいいかもしれません。
CHRIS MONTEZ/The More I See You~Call Me
更新久々です♪

既に一ヶ月も遅れてるブログ、ゆっくりゆっくり進んでます。。


少し前にも書いたんですが、mixiのミュージックコーナー。
まだ飽きずに楽しんでるんですが、最近新たな楽しみ方を見いだしました。
『マイミクの方のミュージックチェック』

自分が聴いているものを眺めているよりも、人が聴いているものを見ていた方が非常に楽しいな〜と思うこのごろです。
そんなこんなで、私のマイミクの人は可哀想ですね。チェックされすぎて!
モア・アイ・シー・ユー~コール・ミー
CHRIS MONTEZ/The More I See You~Call Me(CD)
(アタシ購入金額840円中古LP)

3人の女性に囲まれて、眉毛を八の字にしながら微笑んでるCHRIS MONTEZ(クリス・モンテス)、66年作品。
62年に「Let's Dance」がミリオンセラーの大ヒット。その後、A&Mに移籍した後のファーストアルバム。

初めにクリスの声を聴いた時は、本当に男性の声かと疑ってしまう程高いトーンで、更にソフト。
そんな中性的なハーフヴォイスもアルバム通して聴けば納得という感じです。
ボサノヴァ調の曲調に、時には手拍子、時にはハミングしながら歌うクリスの声が柔らかい雰囲気に。

スカの様なテンポの良い音楽をバックに歌う「DAY BY DAY」がスウィングしたくなる程可愛い曲。このアルバムで一番好きかな。
あとはボサノヴァではおなじみ、「ONE NOTE SAMBA」もとっても女性的な声でカヴァー。



あとこないだ知ったんですが、クリスの「Time after time」というアルバムにB.HebbのSUNNYが入っている様なんです。「SUNNY」好きとしてはゲットしなければ...。


ジャケットのクリスが誰かに似てるな〜と思ったら、関根勤さんに似てますね。特に目の辺り!!
UMAS&OUTRAS/POUCAS E BOAS
最近病院通いが続いていて、皮膚科・眼科・整形外科・・・もうかなり老人のよう。

とりあえず、皮膚科は軽度の火傷だったので水脹れを防ぐ為に行ってきました。
そして、眼科は角膜が傷がついていたのですが、数週間のめがね生活も終了。コンタクトを購入してきました。
整形外科は、ここ2週間程、妙に左手の人差し指がしびれるのでこれはそろそろ頭がやられたか!と思い行ってきました。

ちなみに頭がやられたのではなくて、手の付け根の部分に何か衝撃を与えないと人差し指だけの痺れはこないらしく、思い当たる節としたらパソコンをする時に左手を付いていることが多く、体重をかけているのでそれじゃないか。ということに。


一先ず全て完治したので、来月からはライブにクラブにはしゃぎまくろうと思ってます。


UMAS&OUTRAS/POUCAS E BOAS(LP)
(アタシ購入金額 unknown中古LP)


70年に発売されたUMAS&OUTRAS(ウマス・イ・オウトラス)のアルバム。
ボサノヴァ時代を経てMPB時代に変わるその時代に録音された3人組女性コーラス・グループ。
JoyceやMarcos Valle等のカヴァー曲がほとんどですが、温厚で楽しげな音にのせコーラスが素敵なアルバム。

どれも跳ねるような音で明るく楽しげな音になってるんですけど、コーラスは滑らかな感じなのでそこら辺でとても安定がとれているんじゃないかと。
マルコスヴァーリのカヴァー曲はサントラにも収録され有名ですが、この「PIGMALEAO70」のカヴァーもとてもいいです。他の曲とはまた違った感じで少し落ち着きのある曲調ですが、口笛とスキャットがなんとも可愛らしい!!
この感じ、好みです。

メンバーのドリーニャはQUARTETO EM CY(クアルテート・エン・シー)のメンバーとして後に活躍していた事でも有名です。


(500円以上ツモリ貯金)
27日・・・1万円札しかなく、貯金を断念。即、新ルールとして1万札しかなかった場合は、嬉しい貯金休日とします。(おそらく悲しい事に滅多にないハズ)
28日・・・500円
THE GIRLS FROM BAHIA/PARDON MY ENGLISH
こんな時期に・・・こんなにも寒い時期に・・・

部屋のエアコンが壊れました(T_T)(T_T)(T_T)
部屋に入ると息が白いです。。。


THE GIRLS FROM BAHIA/PARDON MY ENGLISH(LP)

(アタシ購入金額 3500円くらい中古LPカット盤)


60年代に活躍したQUARTETO EM CY(クアルテート・エン・シー)のアメリカ名THE GIRLS FROM BAHIA(ザ・ガールズ・フロム・バイーア)でデビューした67年作品。

ボサコーラスの素晴らしいのはもちろん、アメリカナイズされた曲からボサ〜MPB、ソフトロック好きならたまらない1枚なはず。

収録曲の中には、このアルバムの1年前にリリースされた「QUATETO EM CY」に同じテイクで収録されています。本作収録の「TUP-A-TUP」は題名は違いますが、同じテイクものの1つ。でもこれ、このアルバムの中でも一際目立つ曲で、まずキュートなスキャットが素敵。

「SURFIN'IN RIO」なんかもキュートで可愛らしい彼女達のコーラスが聴き所な曲。
アントニオ・カルロス・ジョビンやマルコスヴァーリのカヴァーもいい。
ジャケットの風合いもアタシ好み。
日本でいう凧?あげようと・・・上げていますね。海辺で。かあいい。
OSMAR MILITO/VIAGEN(紙ジャケ、国内盤)
合コンての?飲み会?に誘われる率が物凄く高くて・・・。


君達誘いすぎだろ!!!
と、思うこの頃。

だって、全部OK出したら普通に1週間に1・2回だもん。
主に合コン好きのAちゃん、Kちゃん、Mちゃんとその周りの人物が多いんだけど、それに付け加え会社の同僚女子からもチラホラ。
更になぜか男子から誘われることもチラホラ・・・。←ほんとになぜ?


あまりにも多すぎるんで、最近は予定も重なってお断りモード。(ライヴとかイベントとかレコード屋行きたかったりとか・・・ライヴとかイベントとかレコー略)
だったんだけど、いないんだったら来ナヨ!と強制かつ極めて冷たいお言葉で誘われた2件、行く事になりました。


1つは、お姉さま系Mちゃんから消防士との飲み会。
もう1つは、オサレ美容師Aちゃんから美大卒の年上男子とのオールナイトでの飲み会。


どちらともテンション高めの友達なので、一人でご飯をモリっと食べてさらっと飲んで帰る予定。ヨロシク。

ヴィアージェン(紙ジャケット仕様)
OSMAR MILITO/VIAGEN(紙ジャケ、国内盤)

(アタシ購入金額 630円中古LPリイシュー盤)


ピアノ奏者OSMAR MILITO(オズマール・ミリート)で、オリジナルは74年に発売。
ちなみにオリジナルLPは万いってます・・・。


オズマールのピアノはメロウなクラシカル調で上品というイメージ、どこか大人なムーディー音楽という曲が多い。
女性コーラスがオズマールのピアノと物凄くマッチしていて、ブラジルの香りがするスパイス的なところもお気に入り。

その中でも割と力強いピアノを弾く「NAO ME DIGA AEUS」、オリジナル曲の「PLANALTO GERAL」、パーカッションの音色が可愛い「EU BEBO SIM」が好きです。
物凄くサウターヂ(哀愁)!!
本当に綺麗なピアノを弾くアーティストだと思う最高の1枚です。

Brasilia Modern Six /エストレイア
前日に急に中高時代のお友達からの連絡で合コンとやらに行って来ました(^_^;)


女組みは全員中高時代のお友達だったんですが、みんな相変わらず男です。
ホント、男並に男だと思う。


あたしもだけど、たぶん女子として取り扱われなかったと思う合コン。
女の子としてたぶん失敗なんだと思われます(T_T)


別にいいけど。。。


それに加え、ヒマだからなんとなくいいよっていってた飲み会があと2回位たぶん合コン?みたいなものなんだけどあるんだよね。
まあ、なんでもいいんだけど。次はしっかり猫かぶってみよーっと。




エストレイア
Brasilia Modern Six /エストレイア(CD)


本日の紹介ものはブラジリア・モダン・シックスです。
あたしが買ったのは、DMRレーベールの再発ものの中古というなんともやる気のない買い方ですが・・・(^_^;)

オリジナルは69年に出たもので、噂によるとウン万円するものだそうです。
紹介しているCDは2002年に出たものです♪

ちょっとアメリカっぽい面もあるポップスが面白い。
ボサノヴァ〜ソフトロックな感じで、たぶんマリオ・カストロ・ネヴィス・&サンバS.Aとかセルジオ・メンデス&ブラジル66あたりが好きな人は気に入るんじゃないかと思う作品。


構成は男性5人と女性1人の6人グループで、女性がリードヴォーカルをしているブラジルコーラスグループ。

バカラックの「小さな願い」やドアーズの「ハートに火をつけて」エリスレジーナも唄った「Roda De Samba」なんかカヴァーされています。

オルガンの音なんかはとても綺麗だし、コーラスも温かい印象のアルバムです。


音楽Blogランキングを見てみる
Mario Castro Neves&Samba S.A.とBeto Caletti
鎌倉ブラジル音楽専門店と言えば、小町通りのわき道を入るClaroです。
小さいけど、お店の人もとっても感じが良くいつも色んなCDくぎ付けになります。

これを買いたいから買うではなく、気になるな・・・うん、購入!!系なお店となっています(^_^;)

そんななか、今回購入したのは以下の2枚



クリア・ボッサ・デイ
Mario Castro Neves&Samba S.A./ クリア・ボッサ・デイCD)



このアルバムは実に37年ぶりにでた2作目となるアルバムです。

67年にでた1作目のアルバムMario Castro Nevesのピアノの音色が好きになり好きなアーティストの上位になってます。
タッチのいいピアノは軽快でとってもいいのです。
サンバ.S.Aの歌声がまた1作目の当時の歌声と変わらず、とっても綺麗なのです。
ボサノヴァ好きもソフトロック好きも満足いく作品だと思います。



Beto Caletti/エスキーナス~街角(CD)


Beto Calettiは去年昨日行ったディモンシュでライブを見て、凄く感動して運良く?あったので購入しました。


というものの、去年は1人で夜鎌倉まで千葉からはるばる行ったんだけどね。。お金持っていくの忘れてて、並んでCDを店員に渡してお金を払おうと思ったら・・・あれ?ない・・という、ありえない事が一瞬おこったのでCD買えなかったんだよね。
夢であって欲しかった一瞬だった。。



そんなこんなで、今回買ってきました。
もぅ、泣きそうになるくらいいいです。
1曲目と2曲目が凄く好きで、liveでも歌ってたんだけどCDではピアノも入っていてまた違った感じで聴けました。
2曲目とかなんかね・・・大人の男性の色気?を感じます。
声がね、凄く素敵です。
アルゼンチン人ですがポルトガル語で歌っているところとか、、、普通に凄いな〜と思ってしまう。


また、来日した時はlive行きたいです♪


音楽blogランキングを見てみる